家紋ロゴ

Welcome!

infomation latin life twin kids science profile

 

インフォメーション 


【今月の所感】 〜 コロナは第7波に突入 〜 (2022.07月)

◎先月の所感で、「6月の第1週目でいきなり関東が梅雨入り宣言」と記しましたが、そのわずか3週間後に関東はいきなり梅雨明けしました。気象庁の観測史上、最速で最短だそうです。

◎先月の所感で、「コロナの感染者数推移はぐんぐんと減っている」と記しましたが、それが7月に突入するタイミングで急増に転じました。7月第2週ですでに報道で「第7波突入」と明言されています。


2月
第1週:都2万人超-全国10万人
第2週:都1万人台-全国7万人台
第3週:都1万人台-全国7万人台(横ばい)…なんてことだったのが、3月4月と右肩下がりのグラフ……

6月
第1週:都2千人台-全国2万人台(減少)
第2週:都1千人台-全国1万人台(さらに減少)
第3週:都2千人第-全国1万人台(の後半へ増加開始)
第4週:都3千人第-全国2万人台(へ突入)

7月
第1週:都8千人台-全国4万人台(いきなり!)
第2週:都1万人台-全国10万人台(いきなり!!)

…といった状況。これは、2022年1月20日頃に第6波に突入していった時を上回る増加率です。日本国はこの増加加速度状況でそのまま[夏休み期]に突入することとなりました。

◎6月に届いた金額[100倍]の個人住民税(総額10万円台)は、観念して支払うことにし、まず6月に第1回目の約2万5千円を、ファミリーマートのファミペイで支払いました。ファミペイだと、公的税金をクレジットカードで払えるので、ポイントが得になります。

◎社会的に大きなところでは、7月の第2週目、参院議員投票のわずか2日前に、自民党の安倍元首相が応援演説中に銃撃されてあれよあれよという間に死亡した、という事件がありました。

◎個人的にはまったく思い入れができない悪徳な人物ですが、そんな人物でも暴力で黙らせるというやり方は非難の対象以外の何者でもありません。逆に、日本の政治を歪めまくった人物から真実を聞き出す機会が永遠に失われたと言う意味で、この銃撃事件は取り返しのつかないことをした、という深刻な思いも抱いています。

◎社会的、ではなく、極めて個人的に大きなところでは、7月16日の朝に不調をきたした家のメインテレビが、その日の昼に完全死して映らなくなったという“事件”もありました。電源を入れても画面に灯が入らなくなったのです。

◎地元の昵懇の電器店にすぐ電話をして、すぐ来てもらって診てもらったところ「これは完全にダメ」。購入してからもう16年も経っている(=2006年購入)ので、部品交換も完全にNG。といわれ、他の選択肢がまったくない状態でテレビを新調することになりました。

◎7/16の昼に電器店に電話を入れ、夕方17時に担当者が来宅し、そこで新調話をして、同じ日の20時には新品のSharp製テレビが納品される、という超スピード解決をしました。テレビが薄くなって、見た目が「画面だけ」になって(枠部分とか、スピーカー部分とかがまったく見えない画面だけのデザインになっている)、その分、画面が大きくなっているというおまけ付きです。

◎このテレビ代(旧製品の処理代などがついて、定価税抜きよりさらに1万円高くなっている)は、なんとか過去の貯金から支払う予定です。ボーナス等がもうまったくない身の上なので、これは痛いことしきりです(でも、電化製品の寿命問題は、つねについて回りますよ、ね)。

◎家族再生計画については、まず長男の豪太くんとはLINEで(LINEだけで)なんとか連絡をつなげてもらうようになてちます。あと7月初頭にもうひとりにメールを送ったところ、奇跡的に返信をもらうことができました。これはとてつもなく嬉しいことです。

◎そのもう一人へのメール文のなかでも「ほころびた物は、繕うことができる。修復はできる。人生はいくつになってもやり直しが効く」という考え方は、お伝えさせていただきました。この考え方は、今後も大事に信じ続けようと思っています。

◎桜が過ぎ、ツツジが過ぎ、自宅の庭のアジサイももう萎れたので刈り取ってしまいました。時間は黙って突き進んでいきます。立ち上げた法人の方も活動を薦めなくてはなりません。(インボイス制度への対応も目鼻をつけました)。

◎家族に働きかけることを止めません。

◎心を解きほぐして「対話」の糸口をつかんでいく。あきらめない。手は止めない。思いを続ける。FP(Field of Potentiality)への念を途切れさせない。まちがいなく、このことを進めていきます。それが私の残された人生のMissionです。

あきらめなければ、大丈夫。

あきらめなければ、大丈夫。

あきらめなければ、大丈夫。

 

みんなが、大人になっていきます。その流れに沿って老いていく自分の思いを続け、希望を失わずに、今月も前に進み続けます。

 

【サイトご説明】

当店は、高澤という名の家族のホームページ『高澤屋』です。

下は0歳(だった)の赤ん坊から、上は70ン歳(だった)のおじいちゃんまで、家族それぞれの世界で興味を持って関わっている内容・情報・話題をそれぞれのフロアでお取り扱いしておりました。現状は私本人のダイアリーだけで継続しているサイトです

また(そういう方は、まあほとんどいらっしゃらないとも思えますが)リンクご希望の方はご一報ください。
リンクバナー
のようなものも、一応ご用意しております。→   

【ご注意】
*当店は実際に商品の販売を行っているオンラインショップなどではありません。単なる個人ホームページであり、何も売っておりません。また全国に実在する高澤姓の方の経営店舗とも関係いたしません。ご了解ください


【ご注釈】 当『高澤屋』のロゴマークは、高澤家代々の家紋「丸に花菱」を用いたものです。花菱は、別名"唐花菱"ともいい菱形紋(菱形紋でも、三菱財閥系企業のC.I.ロゴマーク「寄せ三つ菱」は有名ですね)の菱を花弁のように変えたものであり、唐花に似てしかも菱形になっているので"唐花菱"と呼ばれます。唐花とは、もともと実在の花ではなく、中国渡来の想像上の模様とのこと。バランスのとれた美しいカタチで、(それぞれの家系の伝統にのっとった上でオリジナリティのある家紋作りに血道をあげた)大名達の間で、おおいに取り上げられたようです。(引用出典:『家紋大図鑑』秋田書店刊)

※高澤家一族の出自・由来等については、 にて。

 

家紋ロゴ

Welcome!

infomation latin life twin kids science profile